オトク情報満載!!今月のチラシ

トピックス

カーテンのある暮らし

カーテンのある暮らし

関家具大川本店では家具だけでなくカーテンもオーダーできます!
ご自宅用やメディカル施設用、福祉施設用など色々なカーテンを取り扱いがあります。
専門のスタッフによるカーテンの提案もできます。
プランニングは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

カーテンの基礎知識・種類

インテリア業界では、窓回りにつける装飾全般の事を【ウィンドウトリートメント】と言います。
自然光の量の調節や遮光、内・外部からの視線の調節、暑さ寒さを和らげる、防音といった【機能的な役割と空間つくり】という役割があります。
ご自身で簡単に替えられるので、窓の大きさや数、用途、機能やタイプ、色、柄、サイズなどイメージをよく考えて選ぶことが大事です。

 

カーテンの種類は大きく3つに分類することができます。
①掃き出し窓やテラス窓に最適な【左右開閉タイプ】
②小窓や縦長窓、間仕切りに利用できる【上下開閉タイプ】
③外部からの視線を隠したり、インテリアを演出する効果がある【固定式タイプ】
この3つでお部屋のイメージに合わせて選んでいきます。

 

カーテンの種類・機能

 

①左右開閉タイプ

【ドレープカーテン】
布地をレールに吊下げる一番普及しているスタイルです!
生地、色柄とも豊富にありイメージに合った物も探しやすく、ヒダ(3つ山ヒダ、2つ山ヒダ)の取り方によっても
柄の見え方が違ってくるので選ぶ時のポイントにもなります。
また、お手入れが簡単です。ご自宅で洗えて取り扱いが楽。
さらにドレープカーテンには機能性の高いものが多く取り揃えられています。
遮光や断熱・防音性・形状記憶といったさまざまな機能があり、生地やスタイルの選び方次第では
どのテイストにも向くのでカーテン選びの楽しみが増えます。

 

 

 

 

【縦型ブラインド】
縦型に配置している羽の角度を調節して左右方向からの直射光や視線をカットし、必要な明るさや風を採り入れられます。
機能的な雰囲気で、掃き出し窓や間仕切りに使う場合は、出入りする部分以外は閉めておけば目隠しにもなります!

 

 

 

 

【パネルスクリーン】
2枚~7枚の縦長の生地にレールを吊下げ、左右にスライド式に開閉するスクリーン。
パネルを片方向に開閉する片開きと、中央から左右に開閉する両開きがあります。
ドレープができないので、カーテンよりもすっきりとした印象になります。

 

 

 

 

②上下開閉タイプ

【プリーツスクリーン】
1枚の布や和紙製のスクリーンを水平方向のプリーツ状に加工し、上下に開閉させるタイプ。
プリーツスクリーン1台でカーテンのドレープとレースの効果を持たせる事ができます。
開閉の操作で目的に応じて遮蔽や遮音効果を変える事が出来るのもいいですね。

 

 

 

 

【横型ブラインド】
羽の傾斜角度を調節して、上下方向からの直射光や視線をカットし、必要な明るさや風を採り入れられます。
シャープな印象のアルミ製が主流ですが、木製に変えて温もり感のあるテイストにも出来ます。
縦型に比べて色や種類が豊富で、遮光性や耐水などの付加機能も多いです。

 

 

 

 

【ロールスクリーン】
1枚の布を巻き上げて開くタイプ。自由な高さで留められるのでコンパクトに収まります。
プリーツやドレープがないので、シンプルですっきりとした印象になります。

 

 

 

 

③固定式タイプ

【クロスオーバー】
2枚の布を左右に中央部分が重なるように垂らして上部は固定、両脇で留めることでたっぷりとしたドレープができます。
装飾性が高く、布を下ろせば布地が重なる分、遮光性や防音、保温効果も高くなります。

 

 

 

 

【タペストリー】
窓を1枚の布で覆うスタイル。開閉の出来ない窓や、隣家の窓に接近しているなどで目隠しが欲しい窓や、採光や通風の必要があまりない窓向きです。
布の柄によっては1枚の絵や飾りのようで、装飾効果も高く間仕切りにも使用できます。

 

 

お問い合わせ先

ホームページからのお問い合わせはこちら
またお電話でのお問い合わせは下記の番号までお願いいたします。

受付時間 10:00~18:00
公式ホームページ
■関家具大川本店 公式facebookはこちら
■関家具大川本店 公式Instaglamはこちら
■関家具大川本店 公式Line@は下記のボタンをクリック!

友だち追加


PAGE
TOP